タグ:豆知識

救える命

2013年6月4日 

23年度、約17万4千頭の犬、猫が全国の保護センターや保健所で殺処分されました。
これは遠いどこかのお話ではなく、私たちの地域でも毎日のように行われている悲しい現実。
ですが、この頭数は、減少してきているのです。
自治体のみならず、保護団体による譲渡活動や多くの方たちの努力が反映され、ひとりひとりの社会意識も向上してきたものと思われます。
それでも、まだまだ膨大な数字・・・

「命の重さはみな同じ」みんな尊い命です。
小さな命を守るために、私たちができることは何か・・・
広く関心がもたれることを切に願います。

 
*.....*.....*.....*.*.....*.....*.....*.

保護期限がきて殺処分になってしまうすべての子(動物)を救うことは、想いがあってもなかなか出来ませんが、何か自分でもできることはないか?と考え、日々お手伝いをさせて頂いている私です。
保護団体さんから配信される譲渡動物情報や迷子犬情報などをSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)にて非力ながらも拡散させて頂いています。

その中、「迷子犬?!」の文字
かわいい赤のバンダナをした白色のトイプードル
私は去年、病気で虹の橋へ見送った愛犬ハクの幼少の頃にそっくりな子に何かしら運命を感じました。

飼い主様を探していますが、未だ名乗りがなく・・・
そうこうしてる間に、その子の保護期間も期限がきてしまい、このままだと悲しい現実が待ち受けている・・・と思うと、引き取らずにはいられませんでした。

トイプードル

トイプードル白色・♂未去勢
動物病院にて診察
体重:5.3kg・想定年齢2-3歳
フィラリア陰性・健康体

5月21日午前9時頃
東大阪市六万寺町1丁目付近の路上をさまよっていたところを保護されました。 

飼い主さんも必至になって探していることと思います。
飼い主さんの元へ帰るのが一番!と考えていますので、お心あたりのある方はご一報いただけると幸いです。
現在は、我が家3-peaceで預かっております。
よろしくお願いします
 

環境省統計資料より 
 ちなみに先進国といわれる国で、ペットショップの店頭で子猫や子犬を販売しているのは日本だけだそうです・・・

  



サマーバージョン

2013年5月30日 

ちょっと前に、毛をすっきりしてもらったミニブタのそらくん(〃^ー^〃)
以前のフサフサそらくんはこちら
ミニ豚そらくん
今は手触りがちょっとチクチクだけど(笑)室内飼育のそらくんには涼5.30-2しいし野球少年みたいでかわいい

 

フレンチブルドッグのももちゃん
今日は元気にピョンピョン出迎えてくれて、安心しました(〃^ー^〃)

こんなに、ちいちゃくかわいいももちゃんだけど、そらくんにはしっかりお姉さんして、怒るんですよねぇ(^-^*)

ワタシがそらくんをナデナデし終わったら、そらくんにガウガウしに行くので、多分、やきもちやいてるのかなぁ?なんて、私の良い方に考えすぎかなぁ?

 

でもやっぱり仲良し二人なのですよねぇ

5.30-1

 

 

 

 *.....*.....*.....*.*.....*.....*.....*.

 

<ワンちゃんのサマーカット>

この時期、ワンちゃん達もサマーカットにされる子も多くなってくる季節ですね。
でも、ワンちゃんの場合は被毛は太陽からの直射日光と紫外線を防護したり、敏感な皮膚を守ったりなどの役割をしています。
お散歩時には草木での刺激や怪我、虫や汚れからも皮膚を守ってくれる役割もしています。
サマーカットは
毛玉防止やブラッシング&ブローがしやすい、汚れを落としやすいなどのメリットもあるので適度な短さのサマーカットなら問題はないでしょうが、犬種によっても違いますが、皮膚が見えるくらいバリカンでツルツル丸刈りには注意が必要かな・・って思います(^^ゞ
サマーカットにも賛否両論あるようですが、通気性がよくなり、皮膚の状態が見やすくなるのも事実ですものね^^

※定期的にトリミングが必要な犬種や 皮膚疾患、衛生上の問題から短くカットした方がいい、もしくは しなければならないワンコさんは別

 

 



フィラリア予防 / 猫の學校

2013年4月19日 

あちこちでお花が綺麗に咲き誇り、新緑が鮮やかになってきましたね
我が家のワンコも日向ぼっこをする時間が長くなってきましたプニュ
暖かくなってくると、
今や予防接種(ワクチン)とならんで予防の代表格となったフィラリア症の予防ですね。
皆さんはフィラリア予防、きちんとしていますか?
してますよね(o˘◡˘o)

フィラリアの予防薬を飲ませる前には血液検査を行いましょうね。
フィラリアに感染していないかを確認する検査です。
その時に採血した血液を活用して健康診断(一般血液検査)も兼ねてしてもらうことをお勧めします(^-^*)
若いうちから毎年フィラリア検査で動物病院を訪れて、簡単な身体一般検査もしてもらって、高齢期に入る前に信頼できるかかりつけホームドクターを作って、動物病院とうまく付き合っていくことも大切かと。
定期的な健康診断は病気の予防・早期発見に役立ちます

フィラリア症というと犬の病気というイメージがありますが、この寄生虫は猫にも寄生することがあります。
室内飼いの徹底も有効な予防法になりますが、蚊に刺される可能性がないとは言い切れません。
室内飼いの場合でも予防薬を定期的に投与することが望ましいですね。

飼い主さん1人1人の心がけで、フィラリアの拡散を防ぐことが出来ます。
フィラリアはきちんと予防をすれば感染を防げる病気ですからლ(╹◡╹ლ)

 

 ★猫の學校

先日、京都で受講させて頂いた猫の學校が6月大阪と京都で開催されます。
6月8日(土)猫の學校「後編(6講座)」大阪
6月9日(日)猫の學校「1学期(4講座)」京都

猫をもっと理解したい、わかりあいたい、猫仲間を作りたいetc・・・方は是非

猫の学校(6月)

 

 

 ★ペット王国2013

5月5日(日祝)・6日(月休)に京セラドーム大阪にて、ペット王国2013が開催されます。
ペット同伴可。

 

※フィラリアに関しては、人それぞれ考え方、価値観の違いはあるとは思いますので、あくまで私の主観でのお話です。 

 



ペット写真講習

2013年3月17日 

私は日本愛玩動物協会の会員なのですが。。。
公益社団法人・日本愛玩動物協会(JPCA)とは?
「動物の愛護及び管理に関する法律」の趣旨に基づき、動物の適正な飼養に関する知識や動物愛護精神を普及啓発するための、さまざまな活動をしています。
環境省や地方自治体、本協会の各都道府県36支部などと連携・協力しながら、全国各地で普及啓発活動を行っています。(公益社団法人日本愛玩動物協会発行冊子抜粋)

その兵庫県支部主催の「ペット写真講座」に参加してきました。はっちゃん
JR神戸駅・神戸市産業振興センター内で「はっちゃん日記」で有名な写真家・八二 一(はに はじめ)先生を講師に、ペットを撮影する際の基本的なポイントやコツを、作例を見ながら学ぶという講座でした。

飼い主様にご報告をする際に、報告書かメール報告かを選択して頂くのですが、メール報告をご希望される方も多く、その際には写真添付も♪とのご要望も多いのです。
お世話に入らせて頂いているので、写真ばかり撮るわけにもいかないのですが、
出来れば、かわいいお写真を送ってあげたいと思う気持ちは正直なところ。
何度もお世話に入らせて頂いているわんちゃんやにゃんちゃんだと、行動パターンや振る舞いがわかるので、比較的撮りやすかったりするのですが、中には写真嫌いの子や写真慣れしていない子も当然、たくさんいます。
そういう子達にも警戒されずに撮れるような裏技★なんてのも教えて頂いたので、今後も役立ちそうです(^-^*)

はっちゃん
カメラ慣れしていないペットちゃんにとったら、知らない人(シッター)が来て、至近距離でパシャパシャ!なんて、怖くて迷惑きわまりない!のですから(^_^;)
出来るだけ、ストレスをかけず、慣れた頃を見計らって、数枚だけ撮るようにしています。
でも、慣れない子などは、事前に飼い主様もご理解頂けてることが多く、写真なしのご報告メールをお送りすることを了承して頂いております。

ペット写真講座

今回は自分家のペットを撮る時のポイントを少しだけ抜粋してみました。

 

1.沢山撮ること・・・撮るチャンスを増やすことと1回に撮る枚数を増やすこと(目線を合わせたり、上から、下から、後ろからなどいろいろな角度から撮る)

2.いろんな人の写真を見る・・写真集やブログなど自分がいいなぁ♪好きだなぁ♪と思う人の写真を沢山見ること

3.人に写真を見せる・・ブログに載せたり、人に見せたり。その時に自分が沢山撮った写真の中から抜粋するという作業がポイント

 

ということをおっしゃっていました^^

かわいい我が子をたくさん撮ってみてはいかがでしょうか?(^-^*)
今まで気づかなかった愛犬、愛猫の新たな発見もできるかも?!

神戸駅近辺のペット用品店などもあったので、寄ってきましたので、そのお話は次回にでも

※写真は了承済にて転写させて頂いております。



一周忌

2013年2月3日 

今日は伴侶犬トイプードルのハク♂の一周忌でした。
まだまだ元気盛りな7歳で喉頭癌(こうとうがん)にかかり半年間、三重県伊賀市の南動物病院へ片道1時間半かけて毎週、放射線治療をしたりの闘病生活を頑張りましたが2012年2月2日虹の橋に
ハク

 人もワンちゃん&ニャンちゃんも大好きで、親バカながらとてもお利口で愛嬌のあるかわいい子でした
南動物病院は遠かったけど、高度医療の為の設備とスタッフが揃ったとても信頼のできる病院でした。
担当して下さったドクター曰く、鼻腔や口腔内の癌の進行はとても速いらしいのですが、その当時はいろいろな要因が重なり、根治は不可能な状態でした
出来る限りの精一杯の愛情を注ぎ・・・出来る限りの最善だと思われる治療もしたつもりですが・・・やはり後悔ばかりで・・・
未だにこの前のように鮮明に思い返され、思い出すたびに涙が出ます。
あ~いかんいかん!暗い話になるじゃないですかねぇ
前向きに頑張らないと!といつも自分に言い聞かせています
法事が行われたのは以前にも登場した大阪稲荷山動物霊
塔婆

 

 

ハクの塔婆(とうば)をご住職さまが名前を呼んで故人(犬?)の冥福をお祈りして下さいます。
大阪稲荷山動物霊園は特に宗派・宗教の区別はないらしいです。

ハクの分骨も一緒に供養して頂きました。

一周忌供養

 

 

 

各家庭、各人、お別れの方法はさまざま。
お庭に埋める人、火葬した後は二度とお参りに行ってはいけないという人、一緒のお墓に入れて欲しいと思う人・・・

どの方法でも、きっと愛情の深さは変わらないと私は思います。
そしていつまでも元気で長生きして欲しいとの思いもみんな一緒だと思います。

そして目の前に元気で存在してくれる「今」を大切に

 

 

 ・*.・:☆’.・*.・:★’.・*.・:★’.・*.・:☆’.・*.・:☆’.・*.・:★’.・*.・:★’

 今日は節分ですね。
我が家はずいぶん前から、豆まきは落花生で撒いていたのですが、最近、それが大阪では少数派だということを知りました( ̄▽ ̄;)
2-7調べてみると北海道と東北地方、九州(特に鹿児島や宮崎)では落花生が多いらしいですね 。
でも、落花生の生産日本一の千葉県では大豆を撒くそうですが
みなさんのお宅では大豆派?落花生派?

    無病息災! 

鬼は~~~~そ~~とぉ~~~~!!」 福は内!

春の節分といえば暦上ではもう春

先週一週間は風邪を引いてしまい、ダウンしておりました
幸い、シッティングは1件だったので何とか病院のお薬でお世話には伺えたのですが、シッターという職業はそんな自分の風邪や都合などでは絶対に休めないお仕事なので、今後はもっと体調管理をしっかりとして体力作りもしていかないと
インフルエンザも流行っておりますので、
どうぞワンコ&ニャンコとくっついて、ほっこりあたたかくしてお過ごしくださいლ(╹◡╹ლ)

 



2 / 3123

ブログ


月別ブログ記事



カテゴリー


タグ


最近の記事