猫ちゃんの自尊心

2014年2月15日 

いつもアルくんとのお留守番は、静かで、穏やかゆったりトキが流れます

アメショー

シーズン毎にお伺いさせて頂いておりますが、おじいちゃまアルくんにも少~しづつ変化が

その変化をオーナー様は見落としたりは決していたしません。

ペットシッター寝屋川水道の蛇口へワンクッションをおいてヒョイと登ってはお水を飲んでいたアルくんです。

「たまに疲れた時は補助的に使ってね」と、オーナー様はアルくん用にスロープを設置。

登れなくなってから設置するのではなく、まだ登れる時から置いてあげる!

結果的には変わりはなくても猫ちゃん心理から言うとかなり大きな違いがありますよね

猫ちゃんの自尊心を傷つけることなく、次のステップへと進むことができるのです

アルくんのことをとても気遣い考えてらっしゃるオーナー様のお優しいお気持ちが伝わってきますね

 

そして

アルくん家に新しい家族が増えました

うさぎのナイちゃん(男の子か女の子かはまだ不明)

 無題1

アルくんとナイちゃん・・・・とってもお茶目でナイスなネーミング

ニューフェイスのナイちゃんなので、あまり刺激を与えないよう~に気をつけつつも、抱っこには慣れて欲しいとのお話でしたので、そろ~っと抱っこさせて頂きました。

基本、うさぎさんは抱っこされるのが苦手な子も多いのですが、ナイちゃんは嫌がることもなくて良かった~ホッ

手の平サイズであったか~い(*≧∀≦*)

アルくんと一緒にナイちゃんも今後の成長も楽しみです

 

 

 

 



コメント (4)

  1. Jun☆さん
    アルくんとナイちゃん・・・いい名前だ。。。

    スロープ、ナイスアイデアですね。オーナーさんの愛情を感じます。
    • 3-peaceさん
      Junさん>アル&ナイってお茶目でかわいいですよね(〃^ー^〃) 老猫ちゃんのアイテムでは多いスロープなのですが、登れなくなってからではなくてまだ登れるうちから用意をしてあげるところが猫ちゃん心理をよくご理解されているなぁって思いますね(〃^ー^〃)
  2. ともさん
    ながくいっしょに過ごすと、自然と家族であるアルちゃんの気持ちや
    身体の状態が感じ取れるんでしょうね。それは心を寄り添わせていなければ出来ないこと。
    家族としてペットちゃんを迎えたものとしては、そうありたいと思います(*^^*)
    ナイちゃん、そんなに小さいの?かわいい〜
    • 3-peaceさん
      ともさん>本当そうですね^^異変や「気づき」をいち早くわかってあげれるのも家族ですものね^^ナイちゃんはまだ生後1か月くらいで片手で乗せれる大きさくらいまだ小さかったです(*≧∀≦*)でも雑種なのでどれだけ大きくなるか・・・楽しみのひとつ♪っておっしゃっていました~(笑)

◆コメントくださるとうれしいです! ^-^

*は必須項目です


ブログ


月別ブログ記事



カテゴリー


タグ


最近の記事