シッターのメリット

2013年8月19日 

ようやくお盆のラッシュ時期もひと段落致しました(〃^ー^〃)

ご帰宅されたオーナー様からの「お留守番してた子達は、ご機嫌元気でした☆彡」のご報告にホッとしたりしております♥

お時間帯の調整などにもご協力頂きありがとうございました(^-^*)

お盆期間中のシッティングにお伺いした&ホテルにお泊りして頂いたワンニャンズ仲間さん達は随時、ご紹介させて頂きたいと思います

 

トップバッターは柴犬ご家族3頭のご紹介です(*≧∀≦*)

オーナー様から「3頭の内、1頭が16歳で視力も低下し、少し痴呆症なのか、家族以外の人には噛むんです。。。そんな子でもお世話して頂けますか?」とのお問合せがありました。

お問合せを頂いたのがお世話に入るまで、かなり日にちがあったのとご近所様だったことが幸い♥

私も丁度、老犬介護で講義を受けさせて頂いてたりしていたことも手伝って、先生にご相談させて頂きながら、オーナー様にもご協力頂き、私のシッティングの空き時間に何度となく、オーナー様宅に通わせて頂きました。

最初は、かなりワンワン吠えていた16歳のロッキーくん。

顔合わせから→おやつをあげる→オーナー様のお散歩に同行させて頂き→オーナー様もご一緒に居てもらいながら、私がリードを持ってお散歩。。。と徐々に私に慣れてもらうように努めたところ、お世話当日は、しっかり覚えていてくれたようで、とても素直にご飯の交換やお散歩も同行してくれるようになりました。

 

ロッキーくん16歳♂お父さんです

柴犬ロッキー

 視力が低下しているので、お散歩中、溝などに落ちたりしないように気をつけてのお散歩。

後ろ足が少し悪くはなってきているものの、引っ張る力は健在

うんPポイントまではグイグイ引っ張って行ってくれます。

でも、毎日、通い慣れたお散歩コースなので、スタスタと同じコースを歩いてくれます。

これがシッター利用のいいところ

老犬になると新しいことへの抵抗感が強くなりますし、新しいことを覚えるのも苦手になってくるのは人でも同じですものね。

同じお散歩コースへ行って同じポイントで排泄をしていつもの小屋でご飯を食べる。この日常の繰り返しを変更することなくできるのがシッター利用の最大のメリットですね(^-^*)

お付き合いありがとう!ロッキーくん(〃^ー^〃)  

 

お母さんのナナちゃん11歳♀

柴犬なな

 ナナちゃんはとっても甘えたさんで優しくも厳しいお母さん♥といった感じ(〃^ー^〃)

 

ご飯は少しだけ食べて、後は手から食べさせてワンワン!と甘えてきます。

手からどうぞ♪とあげると、パクパクと完食。

 

お散歩はいつも3頭の中でも一番後ろから皆を見守りながら、ゆっくり歩くといった感じで、やっぱりお母さんだなぁって微笑ましく思います(〃^ー^〃)

 

 

そしてクーちゃん10歳♂です。

柴犬クー 

 クーちゃんはこうして、私が門扉を開けると毎日、「待ってたよ(*゚▽゚*)」とばかりに柵からピョンピョンと身を乗り出して喜んで待ち構えてくれます(〃^ー^〃)

 

まだまだ無邪気で食いしん坊なクーちゃん

 

身体は3頭のなかでは一番大きいけれど、やっぱり子供。お母さんのナナちゃんにたまに、叱られている愛嬌たっぷりなクーちゃんでした^^

 

 

外ワンコ達だけど、みんな涼しいポイントを見つけて、上手にこの夏も乗り越えてくれそうです(〃^ー^〃)

 

 

 

 



コメント (2)

  1. Jun☆さん
    みんなカメラ目線で撮影に応じているところが面白いですね。
    シッターに行く前にも慣れるために出向いてるんですね。 そういうことって大事だし利用するユーザーさんにとっては心感に繋がりますね。

    息子のクーちゃんが10歳で、お母さんが11歳なんですね。人間の感覚で歳を数えると意外に思えます。
    • 3-peaceさん
      Junさん>そういえば、3頭ともモデル犬ですね(〃^ー^〃) ちゃんとカメラにとびっきりの笑顔をくれますね♪いつもみんなニコニコなんですよ(*´∇`*)
      今回のシッターは私も少々不安がありましたが、オーナー様もとても協力的にお時間を合わせて下さったりして頂いたので当日のお世話に伺うことができました^^私だけ頑張っても出来るものではないですので、感謝です☆彡

◆コメントくださるとうれしいです! ^-^

*は必須項目です


ブログ


月別ブログ記事



カテゴリー


タグ


最近の記事